SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >遊水地ふれあいトライアスロン大会  長谷川健
レースレポート
 

遊水地ふれあいトライアスロン大会

選手名  :長谷川健
レース名:遊水地ふれあいトライアスロン大会
日時    :2017年5月21日
開催地  :群馬県板倉町 渡良瀬遊水地
天気    :晴れ34度、水温20度
距離    :スイム1.5km、バイク40km、ラン10km
使用機材:
バイク     FUJI TRANSONIC SL
ヘルメット   LAS VICTORY VENTO
ハンドル    PROFILE DESIGN CANTA SS DROP BAR 
ステム     PROFILE DESIGN 1/Seventeen
DHバー    PROFILE DESIGN ZBS DL
ボトルケージ  PROFILE DESIGN Karbon Kage
ホイール    PROFILE DESIGN 58TWENTY FOUR Full Carbon Clincher
タイヤ     Panaracer RACE D Evo3
サングラス   ESS CROSSBOW Cerakote
ユニフォーム  Champion System SUNNY FISH
ウェア     COMPRESPORT R2V2
補給食     honeyplus ここでジョミ
レース後    ATHLETE JOYNT

総合5位 2:11:11(スイム21:06、バイク1:05:28、ラン44:37)

スイム 21:06(6位)
コースは750m×2周で直線コースです。ブイが見えにくく、対面通行の為、正面衝突には十分に注意します。入水してから5分ぐらいフローティングで待機するので、無理に最短のインコースには行かず、外側の足の着く位置からスタートしました。反応良く飛び出しバトルは無く泳ぎだします。徐々にインコースに寄っていきますが、目標の集団とは少し差が開いてしまいました。エリートレースでは、このスタートダッシュが重要なので、しっかり強化していきます。素早くウェットスーツを脱ぎながら、バイクへのトランジットに向かいました。

バイク 1:05:28(4位)
コースは10km×4周で、ほぼフラットなコースです。最初の折返しで自分の位置を確認します。先頭はパックになっていたので、単独走の自分は辛いところです。周回毎にすれ違う位置を確認しますが、少しずつ離されていました。集団に負けない独走力を付けていきます。この日は暑く汗の量も想定以上でした。細かく水分補給をしていきますが、後半にのどの渇きを感じます。エネルギー補給も少し足りないように感じたので、次回までの反省点です。先頭パック3人とは、約3分差を付けられてしまいました。

バイク終了時 4位通過

ラン 44:37(15位)
コースは5km×2周で、土手のアップダウンが1か所あります。この日の最高気温は34度にまで上がり、日陰の無いこのコースでは過酷なランニングとなりました。走り出しから危険を感じ、想定よりもゆっくりペースで入ります。確実に給水補給していきますが、暑さに身体が順応せず、徐々にペースダウンしていきます。頭痛と浅い呼吸は、熱中症の初期症状です。それ以上悪化しないように気をつけながら走りました。

今大会では、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。5月の初戦から厳しい気象条件でのレースとなりました。6月からの重要なレースに向けては、良いシミュレーションが出来たと思います。スイムスタートダッシュの遅れ、バイク後半での集中力低下と課題も明らかになったので、次のレースまでに修正していきます。次戦は東京都選手権にオープン参加する予定です。エリート選手達との駆け引きが楽しみです。また応援宜しくお願い致します。

SUNNY FISH 長谷川健

         

TOPへ戻る