SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >うつくしまトライアスロンin会津  清水孝一郎
レースレポート
 

うつくしまトライアスロンin会津

大会名:うつくしまトライアスロンinあいづ 
開催日:2016年8月21日(日)
開催地:猪苗代湖〜会津大学
天 候:晴れ  
競技距離:Swim 1.5km Bike 40km Run 10km (ドラフティング不可)   
使用機材:   
スイムゴーグル:SWANS  
ボトル:PROFILE DESIGHN
タイヤ:Panaracer RACE C EVO3 TUBULAR  
サングラス:SWANS  
ランニングシューズ:adidas
補給食:shotz wild berry   
ユニホーム:Champion System SUNNY FISH

結果:総合6位 2:09:13

大会目標
昨年から佐渡に向けての力試しとして出場している大会。今回もどれだけ以前より力がついているか試すレースとして優勝を目標として出場しました。

スイム 26:23(19位)
猪苗代湖は沖にでても浅く足の着く場所からスタンディングスタートします。速い選手の後ろにつき流れに乗る作戦でいきましたがマークした選手のスタートダッシュはとても速く全くついていくことができません。
一気にスピードを上げた影響か心拍が上がりすぎてしまい、苦しくなりペースを落としましたが、そこで一気に大集団に飲み込まれてしまい自分の泳ぎができませんでした。抜け出そうと頑張るも逆に力んでしまいダメでした。腕も重くなり呼吸がとても苦しくなるのでこの集団で泳ぐしかないと思い無駄な力を使わないように気を付けながら泳ぎます。ようやく最終ブイを通過し陸までドルフィンをしながらスイムアップ。毎回一緒に上がっている選手と1分もの差をつけられてしまいます。

バイク 1:03:58
バイクは最も今回練習が詰めていましたし、自信があった種目です。バイク乗車後一気にペースを上げ自分の心拍数を確認しながらペダルを回します。何とかここでスイムの出遅れを取り返したいところですが、前も後ろも選手はみえず単独のまま進んでいきます。10キロすぎから何人か選手をパスしこのコースの最大の特徴でもある20キロ過ぎからの下り坂区間に突入します。今回、下り坂区間のためにディスクホイールを投入しました。下り坂でも回転数を一定にし、ペダルを回し続けます。ようやく前に選手が見えたので確認すると同じチームメイトの長谷川選手でした。抜く際に今6番手だよと現在の順位を知ることができたので必死に前を追いますが見えずバイクを終了しました。

ラン 38:52(7位)
走り始めから会津の日差しが強く、厳しいコンディションでしたがこれはランで前を詰めれるかもしれないと、前向きにとらえ走ります。差は大きく折り返しで確認したところ差はかなりありました。エイドステーションでは必ずスポンジを二つもらい身体を冷やし続け熱中症にならないように気を付けながら走ります。しかし、足取りは重くとても苦しく、心拍も上昇し非常に苦しい展開に。二周目から前との差がつまってきていたので絶対に追いつくという強い気持ちをもって走ります。ようやく直線で見える距離まで追いつくことができ、ペースを上げようとしますがうまく上がらず一気に寒気がきたのでこれはまずいと思いペースを落としエイドステーションでドリンクを取り残りの距離を走りました。最後は力尽き前も終えず順位をキープするだけの走りとなってしまいました。

今回はたくさんのSUNNY FISH会員様とレースに出場することができとても力をもらうことができました。目標にしていた結果とはいきませんでしたが最低限入賞できました。次のレースは佐渡です。ここを目標に夏場トレーニングに励んできたので良い結果が出るよう頑張っていきたいと思います。
たくさんの応援ありがとうございました。

       

TOPへ戻る