SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >カーフマンジャパンチャンピオンシップステージ  清水孝一郎
レースレポート
 

カーフマンジャパンチャンピオンシップステージ

選手名   :清水孝一郎
レース名  :カーフマンチャンピオンシップステージ
日時    :2016年3月20日
開催地   :岐阜県海津市市
天気    :晴れ 気温14℃
距離    :第1ラン5km、バイク30km、第2ラン5km
ユニフォーム  SUNNY  FISH(Champion System)
コンプレッションウエア COMPRESSPORT カーフR2、プロレーシングソックスV2
ハイカット
リカバリーウエア    COMPRESSPORT フルソックスV2
Shoes      Mizuno WAVE SPACER
総合5位 1:24:20(第1ラン17:19、バイク47:57、第2ラン19:04)
目標は6位以内強化指定選手を獲得!

第1ラン 17:19(9位)
レース当日は朝から風が強いとの予報が出ていました。レース会場の長良川土手
は風が吹くことによりコースの難易度がグッと上がります。予報通 り朝からバ
イクが飛ばされそうになるくらいの強風が吹き荒れていましたが
特に臆することもなく逆に私に追い風になるコンディションだなと前向きにとら
える事ができました。
コースは1周1kmのコースを5周回。単走で走るのは辛いので極力集団で走ろうと
考えていました。前半は余裕を持ちながら展開していきますが 急に2周目の 中
盤あたりから脛が張り集団からもこぼれてしまいます。持ち直そうとするもペー
スは上がるどころかずるずると落ちてしまいます。
3人の第3集団を形成しレースを展開していきます。前は見えますが遥か彼
方・・・。諦めるな、諦めるな。と、自分自身を鼓舞させます。なんと か集団
で堪え先頭とは1分、前とは30秒の差でランフィニッシュ。バイクに移ります。

バイク 47:57 (2位)
第1ランでターゲットにしていた選手から30秒遅れてしまいました。ただ、バイ
クは今回1番自信があった種目。とにかく前半から積極的に行く しかありませ
ん。何人か学生がポツポツと
前にはいたのですが、変に着いてこられてしまうと嫌だったので一気に抜き去り
ます。後ろから2名の選手が来たので集団を作り前を追います。前 との差がどん
どんと縮まってきました。
同じ集団にランが強い学生がいたのでこの選手はバイクで離しておきたいと思
い、ブリッジをかけて一気に前の集団に追いつき同時にその選手を離 すことに
成功しました。
そこからは計4名の集団でローテーションして行きます。全員で前を追うという
意識を共有し一致団結し周回を重ねていきます。3周目、4周目ど んどん前の2位
集団の2名との差が近くなり
ます。集団から1名脱落してしまいましたが、最終周までには22秒まで詰め、ラ
スト1周でほとんど追いつくところまで追い上げられました。

バイク終了時 6位通過
ラン 19:04 (9位)

トランジッションエリアで3位選手に9秒差と詰めることができ3位以内のチャン
スが舞い込んできたと思いましたが第2ランでの力の差を見せつ けられてしまい
ました。
必死に走りますがどんどん前の選手の背中が遠くなっていきます。悔しいですが
これが今の私の実力でしょう。離されはしたもののペースを落とさ ないように
堪えます。
折り返して追い風だった風が一気に向かい風になります。バイクで頑張った影響
かハムストリングが悲鳴を上げています。しかし、目標の6位以 内、そして強化
指定選手獲得という目標は
すぐそこまで来ています。第1ランと同様に自分を鼓舞し続け走ります。
前との差は開きましたが目標としていた6位以内でフィニッシュ!! 同時に強化
指定選手も獲得しSUNNY FISH 練習生から選手に昇格することができました。
今回のレースではレース前からたくさんの方から激励の応援メッセージを頂き力
を沢山頂きました。期待を裏切ることなく強化指定をとれたのは良 かったです。
しかし、課題は山積みです。上のステージで戦っていくにはまだまだ力が足りま
せん。ただ、課題があるという事は伸び代があるという事です。 しっかりト
レーニングに励み次はもう一つ
上のステージで戦えるよう頑張っていきます。
沢山の応援ありがとうございました。

SUNNY FISH 清水孝一郎


         

TOPへ戻る