SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >日本スプリントトライアスロン選手権 長谷川健
レースレポート
 

日本スプリントトライアスロン選手権

選手名  :長谷川健
レース名:日本スプリントトライアスロン選手権
日時    :2016年7月3日
開催地  :宮城県七ヶ浜町
天気    :雨23.5度 水温22.0度 
距離    :スイム750m、バイク21.6km、ラン5km(ドラフティング許可)
使用機材:
バイク     FUJI TRANSONIC SL
ヘルメット   LAS VICTORY VENTO
ハンドル    PROFILE DESIGN CANTA SS DROP BAR 
ステム     PROFILE DESIGN 1/Seventeen
DHバー    PROFILE DESIGN ZBS DL
ボトルケージ  PROFILE DESIGN Karbon Kage
ホイール    PROFILE DESIGN 38TWENTY FOUR Full Carbon Clincher
タイヤ     Panaracer RACE L Evo3
ゴーグル    SWANS OWS-32P
サングラス   SWANS STRIX・H
ユニフォーム  SUNNY FISH
ウェア     COMPRESPORT R2/PRORACING ARMSLEEVE
補給食     honeyplus ここでジョミ

総合25位 1:05:51(スイム12:50、バイク35:25、ラン17:36)

スイム 12:50(33位)
スタートはビーチからで、貝殻が多かったので足を切らないように慎重に飛び込みました。インコースに有力選手が集まっていたので、上手く集団後方に入り泳ぎます。テトラポッドの外に出るとうねりが出てきて泳力差が出てきました。インコースを最短でロスなく泳ぎますが、集団からは少しずつ遅れてしまいました。まだ見える範囲だったので、ピッチをキープして粘ります。目標集団とは約20秒差で上陸し、長いトランジットに向かいました。

バイク 35:25(24位)
自分がトランジットに入った時に、ちょうど前集団の選手が出ていくのが見えました。焦らず落ち着いてヘルメットを被り、追い上げに集中します。前の集団は10人ぐらいで、単走の自分が追い付くチャンスは1周目しかありません。積極的に攻めたいところですが、雨で路面が滑りやすく慎重に走らなければいけませんでした。前集団が機能し始めると徐々に差は広がっていきました。前から落ちてきた選手を吸収していきますが、高校生もいるので技術指導をしながらの走りとなり、ペースは最後まで上がりませんでした。

バイク終了時 28位通過

ラン 17:36(16位)
ランはアップダウンや未舗装路を含むタフなコースです。まだまだ逆転も可能なので諦めず前を追いました。バイクでの疲労はありましたが、登り下りの切り替えが上手くいき順位を上げていきます。高校生とのラストスパート勝負は避けたいので、早めに仕掛けて引き離します。ベテランの経験で1つ順位を上げてフィニッシュとなりました。

今大会では、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。自分の課題であるスピード強化のために出場しました。毎年スイムの高速化が進み、今回も若手選手のスイムの速さを肌で感じることが出来ました。レース中に考えた理想の動きを自分の物にし、次回のレースに繋げていきたいと思います。シーズン後半戦まで少し期間が空くので、じっくりトレーニングをしていきます。また応援宜しくお願い致します。

SUNNY FISH 長谷川健

   

TOPへ戻る