SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >カーフマンジャパン東北ステージ 長谷川健
レースレポート
 

カーフマンジャパン東北ステージ

選手名  :長谷川健
レース名:カーフマンジャパン東北ステージ
日時    :2016年11月20日
開催地  :福島県いわき市 アクアマリンふくしま周辺道路特設コース
天気    :晴れ19度
距離    :第1ラン5km、バイク30km、第2ラン5km(ドラフティング許可)
使用機材:
バイク     FUJI TRANSONIC SL
ヘルメット   LAS VICTORY VENTO
ハンドル    PROFILE DESIGN CANTA SS DROP BAR 
ステム     PROFILE DESIGN 1/Seventeen
DHバー    PROFILE DESIGN ZBS DL
ボトルケージ  PROFILE DESIGN Karbon Kage
ホイール    PROFILE DESIGN 58TWENTY FOUR Full Carbon Clincher
タイヤ     Panaracer RACE D Evo3
サングラス   SWANS STRIX・H
ユニフォーム  SUNNY FISH
ウェア     COMPRESPORT R2/PRORACING ARMSLEEVE
補給食     honeyplus ここでジョミ

総合19位 1:24:08(第1ラン17:35、バイク47:12、第2ラン19:21)

第1ラン 17:35(28位)
周辺施設の観光客が多く、交通規制が出来ない為、スタート直前にコース変更されました。第1ラン、第2ラン共に直線500mの折返しで1km×5周回です。単純ですが折返しの度に減速と加速を繰り返すので、ダメージの残るコース設定です。いかに折返しを前方で周り、減速を少なくするかが勝負のポイントです。参加人数は74名と多く、ほぼ学生選手です。スタートから速いペースになる事が予想出来たので、自分も接触転倒には気をつけながら前方集団で我慢します。2km過ぎから先頭集団のペースが上がり、縦長になっていきます。バイクに向けて徐々に集団が形成されて、自分は第3パック内でトランジットに入りました。

バイク 47:12(24位)
トランジットが上手くいき第3パックからは少し抜け出す事に成功しました。10秒前に目標集団がいたので、単独で追いかけます。前からポロポロ落ちてきた選手に声を掛けながら集団を形成していきます。4人ぐらいになりましたがレベル差があり回りません。ここは無理せず後ろから来る大集団に入る事を選択します。20人以上の集団となり、最終的にここが第2パックとなりました。コースは直線1.5kmの折返しで3km×10周回です。バイクでも常に前方集団で展開する事を意識します。折返しからのダンシング加速で脚が削られていきますが、このコースをイメージしてトレーニングしてきたので、ラストまで余裕を持って集団内で走る事が出来ました。トランジット前は上手くローテーションをコントロールして、ロスなく前方でトランジットに入ります。

バイク終了時 20位通過

第2ラン 19:21(17位)
ここのトランジットも上手くいき気持ち良く走り出します。先頭パックとは1分30秒差なので最後まで諦めません。呼吸も脚もきついところですが、マイペースにならず集団に付いていく事を意識します。風向きも計算して位置取りを細かく変えていきます。ここはベテランの経験が活きました。周回数が多いので、沿道からたくさん応援してもらい力になりました。

今大会では、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。10月はオフ期間としてしっかり休み、11月からこの大会に向けて身体を作ってきました。まだベース期からスピード期への移行期間中ですが、確実にスピードのキレが戻ってきている事を確認出来ました。
引き続きトレーニングを継続し、スタミナとスピードを強化していきます。また応援宜しくお願い致します。

SUNNY FISH 長谷川健
         

TOPへ戻る